住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

築40年中古住宅購入
【専門家に質問】
匿名 2014/06/28   
■ ご相談・ご質問の内容

築40年 木造2階建て住宅 日当たり良好 坪約30万の土地の値段のみ。今ではないがリフォームされており比較的綺麗な物件。外壁も亀裂なく手入れされている。庭あり自然環境良好
瓦屋根はややしなりあり、交換必要あり 和室の畳も交換必要あり。洗面・脱衣室は床。クロス張替え必要
室内の電気線は壁の中を通らずそとにむき出しになっている箇所等あり
まだ数十年住みたい物件探してます。 
別の物件で築23年木造2階建て 日当たり良好 上記の物件の土地が半分の狭小地であり建物の広さは同じくらい、価格も同じくらい 。となりとの境界ギリギリに建てられておりすぐ両隣の窓あり(東と西)。最近水回り全部リフォームされ、外壁も塗装されて綺麗。何もせずすぐ居住可能。
まあまあ広い土地に古い家か、狭い土地にまあまあ新しい家か決め難いのですがどうでしょうか。

2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  荒井 康矩 2014/06/28   
悩ましい問題ですね。

数十年住みたいというのは、その建物のまま(メンテナンスは必須だと思います)で居住する期間でしょうか。

そうだとすれば、建物の躯体の状態がよいかどうか確認しておかなければなりません。築40年の方もそうですが、築23年の方も躯体の状態次第では長持ちさせるのに多大なコストがかかる可能性があります。

40年でも構造躯体の状態がよければ、メンテナンスしながら住むにはよいかもしれません。
荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。
No.2  石神 昭二 2014/06/28   
 リフォームして内装と外装が綺麗になると、リフォーム前の状況が判らなくなってしまいます。特に雨漏り・結露及び壁のひび割れなどの痕跡が隠れてしまします。

 基礎のひび割れは外から検証できますし、蟻害は床下を点検できれば確認できます。又天井裏を点検して雨漏りの跡が判る時もありますし、断熱材の有無も確認できます。

 以上の点について特に注意して再度現状を見に行かれたらいかがでしょうか。

 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談