住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

【再】消費税と住宅ローン控除について
【専門家に質問】
anakin 2014/06/11   
■ ご相談・ご質問の内容

先日「消費税と住宅ローン控除について」でご回答を戴いた件で認識に齟齬がありそうなので再度確認をさせてください。

> 入居が2014年7月であることから、住宅ローン控除は2014年4月以降に施行されたものになります。
> (借入期限度額4,000万円、控除率1%、各年の控除限度額40万円)

上記のようにご回答を頂きましたが、引き続き確認を進めておりましたところ、各年の控除限度額40万円の適用対象は『特定取得』として認められるか否かであり、この『特定取得』は“消費税が8%で計算されているか否か”というところだそうです。

仮に住宅ローンの内訳が全て5%の場合には“借入期限度額2,000万円、控除率1%、各年の控除限度額20万円”という事になると認識できますが、住宅ローンの内訳に消費税5%と消費税8%が混在する場合、『特定取得』として認められ“借入期限度額4,000万円、控除率1%、各年の控除限度額40万円”の控除を受けることは出来るでしょうか?
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  高見重人 2014/06/12   
説明が足りずに申し訳ありません。

指定日(平成25年10月1日)前に契約を結び、指定日以後に対価の増額等を伴う追加工事等が行われ、平成26年4月1日以降に居住する場合、当初契約に適用される旧税率(5%)による取得(特定取得以外)と、追加工事等の契約の新税率(8%)による取得(特定取得)に区分し、各借入金につき一定の住宅ローン控除を適用することになります。

具体的な計算方法は、確定申告時に税務署等の窓口でご確認下さい。
高見重人(公認会計士・税理士)
公認会計士・税理士として企業会計・税務のほか、個人の住宅ローン控除・減税(住宅取得控除)の申請業務も行っている。
No.2  anakin 2014/06/12   
ご回答いただきありがとうございました。
詳細な計算方法は税務署等に確認いたします。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談