住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

住宅ローンの繰り上げ返済について
【専門家に質問】
匿名 2014/06/11   
■ ご相談・ご質問の内容

初めて質問させて頂きます。

住宅ローン2300万35年間
金利5年間1.579%、残1.879%
世帯年収税込700万程度
貯金は年間200万程度出来ます。

先日諸費用込み2800万の建て売り物件を500万の頭金で購入致しました。
住宅ローンの引き落とし開始日が7月5日からなのですが、この住宅とは別途でマンションを持っており、今週末800万円で売れることになりました。
また来年頭に合計1200万程度の貯蓄型生命保険が満期になります。
都合2000万程度使い道のない資産が有るのですがどのタイミングで繰り上げ返済すればよろしいのでしょうか?

1:手元に入った段階で繰り上げ返済
2:都合2000万になる来年頭に繰り上げ返済
3:金利優遇が終わる5年後に繰り上げ返済
4:住宅ローン減税が終了する10年後
5:その他のタイミング

不躾ではございますが何卒ご教授頂きますようお願いいたします。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  長谷剛史 2014/06/12   
こんにちは、FPの長谷です。

さて、ご質問の繰り上げ返済のタイミングですが、住宅ローンだけに焦点をあてると「1:手元に入った段階で繰り上げ返済」を選択すると一番メリットが得られます。住宅ローン減税の効果を気にされる方は多いですが、繰り上げ返済による利息軽減効果のほうが高いですので気にする必要はありません。

また、繰上げ返済を行うと住宅ローンという負債が減少するという一面はありますが、現預金という資産が減少するという一面もあります。年200万円程度の貯金ができるというのはかなり優秀な家計だと思いますが、繰り上げ返済をし過ぎることによるデメリット(資産が減少する)も考慮するようにしてみてください。

さらに、住宅ローンは残高1,000万円を下回ってくると利息支払いは大きく減少していきます。ですので、2,000万円の内半分の1,000万円を繰り上げ返済にまわし、残り1,000万円を資産運用していくのもバランスが取れていますので、選択肢の一つとして考えることができるのではないでしょうか?

最後に、繰り上げ返済の時期や額を検討するときは、ライフプラン=将来計画をしっかり立てた上で結論を出すようにしましょう。家計の状況・将来計画によって最適解は変わってきますしケースバイケースですので、一度専門家にご相談されることをおススメします。


長谷剛史(ファイナンシャルプランナー(CFP・1級FP技能士))
住まい・資産運用・保険3つの分野に強いファイナンシャルプランナー。ライフプランを中心とした総合的な観点からアドバイスを行う。。
長谷ファイナンシャルプランナー事務所


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談