住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

新築一戸建て購入について
【専門家に質問】
匿名 2014/04/25   
■ ご相談・ご質問の内容

この度、新築一戸建てを購入しようか迷っているのですが

自分の年収:約400万
妻:二人目妊娠中のため育休中(来年4月より働く予定)
子供:5歳の娘が一人
貯金:350万
購入予定物件:2180万

現在の家賃が6万5000円で、不動産屋にシュミレーションしてもらったら、諸費用込みのローンで毎月7万だと言われ、今の家賃と大して変わらないので、買った方がいいのでは?と思っています。


固定資産税も年間10万ぐらいで、住宅ローン減税を充てようかと思っています。

ただ、年収400万ぐらいの収入で、果たして本当にやって行けるねかが、かなり不安です。

やはり、今は賃貸で我慢し、てもう少しお金を貯めてからの方がいいんでしょうか?

ローン以外にかかって来るお金(固定資産税、不動産取得税、外壁などの修理、)いが
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  山下修一 2014/04/30   
住宅の購入を考える際、今後十数年に渡って収入がどうなるのか? 支出については生活費・教育費・住宅費がどうなるのか? ある程度予測して判断することが大事だと思います。
目先の収支だけの判断ではリスクが大きいかもしれません。
頂いた情報の限りですが、そのあたりを考える際のポイントを挙げてみます。

【収入】

・今後どれぐらいの期間働けそうなのか?
・収入はいつまで増えそうなのか? そして、いつから減りそうなのか?
・お子様が小さい間、妻の収入はどれぐらいか?(保育園の送迎や保育料との兼ね合い)
・将来の退職金の見込はどうか?

【支出】

・2人のお子様の成長に伴う生活費の増加を考慮しているか?
・教育費も成長に伴って増加し、高校から大学にかけてピークに家計はついていけるか?
・住まいの維持費:固定資産税、将来の老朽化に備えた修繕費を折り込んでいるか?
・車が必要な地域であれば、購入費や維持費も見込んでおく
・将来の社会保険料等の負担増も頭の片隅に置いておく(=家計に余裕がありそうか)

【住宅ローン】

・返済額はずっと一定か?:将来金利上昇が有った合の影響に耐えられそうか?
・返済年数と働ける年数とがかけ離れていないか?

大きなところでは以上の点が気になるところです

固定資産税は住宅ローン減税で充てるということですが、減税期間が10年間なので、それ以降は他から充てる必要があります。

長期的に見て、生活費・住宅費・教育費の支払いでとても余裕が無さそうであれば、繰り上げ返済も貯蓄も出来ないことになり、老後を含めた生活資金不足につながります。最悪は途中で住宅ローンの返済も出来なくなる可能性が出てきます。

慎重にもライフプランを立ててみて、上記の点で大丈夫そうかを見極めしていただくことをお勧めします。

山下修一(ファイナンシャルプランナー(CFP・1級FP技能士))
ライフプランからの住宅資金計画を提唱する実務家ファイナンシャルプランナー。住宅ローンや保険の見直し、家計改善も。
有限会社アズ・ユア・プランナー


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談