住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

用水路脇の中古戸建
【専門家に質問】
けんぼー 2014/03/03   
■ ご相談・ご質問の内容

築4年の中古戸建を検討しています。環境、外観、間取図は気に入っているのですが、用水路に沿って建っているのが気になります。昔から地盤が弱い、湿気が多いと言われておりますが、その当時の建築技術からするとそんなに気にする必要は無いでしょうか?その場所は建売が20棟ほど集まっている地域で用水路はコンクリートで蓋がしてあります。まだ見学はしていませんが見学時に注意して確認することはありますでしょうか?
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  真下 裕之 2014/03/03   
 築年数から考えて地盤調査が実施されていると思いますので、地盤調査報告書の閲覧を売主に求めてください。また地盤の補強をしている可能性が高いので、その施工報告書も合わせて閲覧を求めてください。
 建物自体は杭や地盤改良などが実施されていれば不同沈下の可能性は極めて低いと考えます。しかし敷地内の地盤は盛土の可能性が高いので敷地内に異常な窪みや地面のひび割れフェンスの傾斜などがないか確認して下さい。
 築4年でこのような異常が見られる場合は盛土の転圧不足が考えられますので、今後も地場の圧密沈下が進行する可能性があります。
 敷地の地盤が変化しますと、外部の排水管の接続不良やポーチなどの沈下が発生する可能性がありますのでご注意ください。
真下 裕之(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅の設計・監理、住宅購入相談、住宅検査・住宅診断(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。埼玉、東京を担当。
No.2  石神 昭二 2014/03/04   
 用水路と敷地との高低差をチェックしてはいかがでしょうか。用水路に近接して住宅が建てられている場合、その境界の土留壁の構造は水路までの高低差に依り必要に応じた構造が必要です。
 高低差が大きい時は売主に土留壁の安全性を確認して頂くことをお勧めします。
 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談