住宅購入にかかる諸費用

耐震基準適合証明書の取得費用


非耐火構造で築20年(耐火構造の場合は築25年)を超える中古住宅を購入する場合に、住宅ローン減税や登記費用などの減税を受けるには、一定の耐震性があることを証明しなければならないとされています。

耐震性を診断して基準を満たしていることがわかれば、耐震基準適合証明書が発行されます。

この費用は、通常は買主が負担するものです。診断を依頼すれば費用がかかりますが、基準をクリアしていない建物も多いため、慎重に進めなければなりません。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^