住宅購入にかかる諸費用

住宅ローンの保証料


住宅購入に関する諸費用のなかでも、大きな金額となるものの1つが、住宅ローンの保証料です。

住宅ローンを借入する金融機関から融資条件の1つとして、保証会社による保証を求められます。その保証会社へ支払う費用を住宅ローンの保証料と言います。

しかし、住宅ローンの保証料は実は必要でないこともあります。金融機関や住宅ローン商品によっては、保証料が不要となるのです。保証料は金額が大きいため、住宅ローン選びをする際には金利の比較だけではなく、この保証料の有無にも着目しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、この保証料が不要な住宅ローンの代表はフラット35です。このほかにも、保証料不要の住宅ローンはあるので、よく調べましょう。

気になるのが保証料の金額ですが、以下の理由により事前に把握するのは難しいと言えます。

 ・借入金額・返済期間によって異なる
 ・各金融機関によって異なる
 ・審査結果によって異なる

住宅ローンの借入額同じであっても、50万円になったり100万円を超えたりします。ただ、住宅ローンの保証料が必要なときには、これぐらいはかかるものだと思っておきましょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^