住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

設計図書とは?設計図のポイントを抑えておこう

 設計図書とは、設計図と仕様書によって構成されるものです(設計図書は「せっけいとしょ」と読みます)。

 建築基準法の第2条12項には、設計図書について「建築物、その敷地またはこの法規で規定されている工作物に関する工事用の図面(現寸図その他これに類するものを除く。)及び仕様書をいう」と記載されています。また建築士法の第2条1項には、「設計図書とは建築物の建築工事の実施のために必要な図面(現寸図その他これに類するものを除く。)及び仕様書」と記載されています。

 つまり、工事に必要な図面(設計図)と仕様書をあわせたものを設計図書といいます。工事に必要な図面を設計図といいますが、この設計図は構造や形状などを描いたもので、平面図や立面図、断面図など様々な種類の図面があります。仕様書とは具体的な工事の内容・方法を記載するもので、図面で表せないようなことが含まれています。また、仕上げ表というものもあり、これには壁・床などの内装や外壁などの外装の仕上げを記載されます。

 設計図書は、その建物が完成した後に名称を変えて保管されます。工事途中で生じた変更工事の内容を反映したものを竣工図書として作成するのです。

 設計図書は、設計者や分譲業者によって作成する設計図面の種類に違いがあり、どの住宅でも同じというわけではありません。大手ハウスメーカーでは、様々な種類の設計図面を作成して施主や住宅購入者へ提出しますが、ローコスト住宅を売りにする建売分譲業者や規模の小さな不動産会社、工務店では、一部の設計図面のみを作成していることも非常に多いです。

 しかし、規模が小さくとも様々な種類の設計図面を作成して設計図書として施主等に提出する工務店などもあるため、規模だけで判断することはできません。設計図書は作成する図面の種類・枚数に応じてコストも増えるため、一部の作成に留める会社も多いのです。設計図書は、どのような住宅を建築するかを明確にするために大事なものですから、不足している場合にはそれがトラブルの種となることもよくあります。

 設計図書をしっかり作成しているかどうかは、不動産会社・工務店・ハウスメーカー選びの1つの参考材料となります。

 一般的な住宅で作成される設計図書に含まれる設計図の一覧は以下の通りです。どの住宅でもこれらすべてが作成されているわけではなく、また複数の図面が1つの図面にまとめられていることもあります。

仕様書
内部・外部仕上げ表
敷地配置図
各階平面図・平面詳細図
立面図
断面図
矩計図
展開図
基礎伏図
各階床伏図
小屋伏図
天井伏図
電気設備図
給排水設備図
金物配置図
建具リスト・建具表
求積表

 次ページからは、各書面についての説明などを記載していきます。まずは、「住宅の仕様書と標準仕様書の見方とチェックポイント」です。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事