住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

先輩の事例に学べ!住宅購入体験談

あわてて住宅購入。失敗だった

体験者:窓が欲しいさん

 当時住んでいた、公団系集合住宅(賃貸)のすぐ、隣にマンションが建つって知ったのは、そのマンションが間もなく竣工を迎えそうなある日のことでした。

 20才代後半の仕事もノリノリの共稼ぎ夫婦でしたので、家に帰ったら寝るだけの毎日。すぐ隣だというのに建設にすら気が付かずにいたわけです。日曜日の夕方珍しく散歩していて発見した竣工間近の「白亜のお城」に心奪われほとんど、何も考えずにそのマンションを購入しました。しかもバス停に近いっていう通勤のことしか考えないで部屋を決めてしまいました。

 抽選会はガラガラでした。角住戸にはバラ(購入済みマーク)が付いていましたが、私達が選んだ「角から2番目の2階」は、他の棟でもバラは無かったように思います。

 何故、3階建て低層マンションの2階中住戸を選んだかといえば、相談した住宅に詳しい上司が、「最上階や角住戸は断熱材があっても、室外温度の影響を受けるから、夏は暑いし、冬は寒いよ。コンクリートの断熱効果を享受できるのは、中住戸だよ」と言うのを信じたからです。

 セカンドオピニオンというか他によく調べもせずに、決めたまさに"若気の至り"でした。

 住んでみて、室温は安定していました。快適でした。でも窓が南ベランダ側と北側にしかないマンションは、息苦しかった。共稼ぎを止めて子育てするようになると、日中の時間が長く、いよいよ閉塞感がつのり、結局窓を求めて、戸建て住宅に引っ越しました。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事