住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入は道路が大事(基礎知識と注意点)

道路の重要性と再建築不可(住宅を建てられない土地?)

 住宅を購入するときに注意すべき点の代表的なポイントとして、「道路」が挙げられます。道路の種類や購入する物件の敷地との接道状況によっては、その不動産の資産価値のマイナス要因となったり、建物の建築(新築や建て替え)ができなかったりということもあるため、大変重要なことだと考えてください。

道路の重要性

 住宅購入時には、道路に関しては「接道」と「道路の種類」についてよく確認するようにしましょう。

 建築物の建築について最低限を定めているものが「建築基準法」ですが、その第43条1項において「建築物の敷地は、道路に2メートル以上接しなければならない」と定められています。これが「接道」ですね。敷地が道路に接していても、その接している巾が2メートル未満であれば、そこには住宅などの建物を建築できないということです。

 ちなみに、現状で建物が建っている同条件の敷地であっても、それを建て替えることができません。これを再建築不可と言います。「古い住宅が建っている土地を購入して、数年後に建替えればいいか」と考えている方であれば、この再建築不可の物件は大きな問題となります。自分の土地なのに自分の家を建てられないなんてこともあるのです。

 但し、このような物件は、購入する前(契約前)に不動産業者から説明を受けられます。不動産業者には説明する義務があるからです。再建築不可と聞いた場合はプロでもない限り手を出さない方がよいでしょう。次からは、「住宅購入前に知っておきたい道路の種類」についてお伝えします。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事