住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅の売買契約書の主な条項や特約と注意点

担保権(抵当権・根抵当権)等の抹消

 購入する住宅には、売買契約の時点では抵当権などの何らかの権利が設定されていることはよくあることです。売主が購入した時の住宅ローンの抵当権であったり、売主が事業資金の融資を受けるために担保として不動産を利用したときの根抵当権であったり、その他にも様々な権利が登記されていることがあります。

 登記されていないものも可能性としてはありえるものです。

 こういった権利が残ったまま買主が購入するわけにはいきませんから、これらの権利については抹消してもらわなければなりません。

 売主の責任と負担において、所有権の移転までに抹消することが売買契約書に記述されているはずです。「所有権の移転まで」という時期については、実務上は、所有権の移転をするときと同時に抹消手続きをすることが多いです。

 売主は、その住宅の売却資金を融資の返済に充当することで、抵当権などの権利を抹消することが多いからです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事