住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

重要事項説明書の基礎知識や注意点

売主の表示

 売主の表示とは、その名の通りその不動産の売主についての記載です。売主の氏名・住所が記載されるのはもちろんですが、登記簿謄本の名義と同じであるかどうかまで記載されます。

 多くの方が登記簿謄本の名義人と売主は同じだと考えておりますが、実はそうではない(登記簿謄本の名義人と売主が一致しない)ケースも少なくはありません。

 登記簿謄本の名義人と売買契約を既に交わしたものが売主となっていることがあります。本来ならば、その新たな所有者の名義に登記が変わっているはずなのですが、登記費用を節約する目的などで登記簿謄本の名義を変更していないことがあるのです。

 ケースによりますが、買主との売買契約の時点では名義を変えていないものの、引渡しまでの間に登記上の名義を変更する(所有権移転登記をする)こともあります。また、売主へ名義の変更をせずに、今の登記上の名義人から買主へ直接に名義変更(所有権移転登記)することもあります。

 いずれにしても、慣れていない買主としては心配するところですね。登記簿謄本で本当の売主であるかどうか確認できないわけですから。

 登記上の名義人と売主の売買契約書や権利証で確認することになりますが、信頼できる司法書士に一緒に確認してもらうと安心できるでしょう。

 また、売主の表示欄かその近くに、第三者の占有の有無が記載されます。第三者の占有とは、売主とは関係ないものがその住宅に住んでいたり、土地上に何らかの物体を置いて占有していたりすることです。賃借人が住んでいるということもありますが、悪意の占有者の可能性もあります。

 買主としては、売主と占有者の間でのトラブルに巻き込まれるリスクもありますし、そもそもその不動産を買主の希望通りに利用できない恐れもあることから、慎重な対応が必要です。事実関係をよく確かめて購入判断してください。

 もちろん、第三者の占有が無いとなっていることが一番安心ですね。

 売買契約書チェックの過去の依頼事例では、第三者の占有についての記載がないので、明記して頂くように求めたところ、「土地の売買契約で、更地(建物がない)から必要ない」と回答した不動産業者がありました。更地であっても、土地を占有することはありうるので、占有者の有無は買主へ説明すべきですし、記載すべきことです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事