住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅の保証・保険の注意点・基礎知識

新築住宅の瑕疵保険と供託

 「新築住宅の10年保証とは?」でお伝えした通り、2000年より新築住宅の主要な構造部分や雨漏りの防止に関することについて、10年間の保証が義務付けられています。

 しかし、売主や施工会社、ハウスメーカー等が倒産してしまえば、買主(または施主)が補修工事を求めようとしても対応してもらえないことになってしまいます。そこで、2009年10月1日以降に引き渡す新築住宅については、瑕疵の補修等が確実に行われるようにするために、保険加入か保証金の供託のいずれかが義務付けられました。

 保証そのものの義務付けだけでは不十分なので、実際に保証できる制度にしようということですね。「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」、略して「住宅瑕疵担保履行法」で定められているものです。

 保険に加入した場合には、この保険は、補修すべきハウスメーカーや分譲会社などへ支払われるのですが、倒産していた場合は消費者に支払われます。

 保険加入と違って保証金の供託には大きな資金が必要となるため、一般的には中小規模の会社であれば保険の加入となっています。

 さて、保険ですから瑕疵が見つかれば直ちに保険で対応してもらえるものでしょうか?

 実際には、瑕疵が見つかった時にその保険の対象となりうるかどうかが、問題となることがあります。買主(または施主)が瑕疵として請求することの全てに保険がおりるわけではありません。雨漏りは、雨水が屋内へ侵入していることを目視確認でき、それ自体が証拠になりうるので、保険の対象となりやすいですが、主要な構造部分の瑕疵を保険会社が瑕疵として認めないことがあります。

 それだけに、単純に「保険に加入 = 安心」とはならないわけです。

 そして、もともと10年保証の対象外の事項が多いです。建築に関するトラブルの多くは、実は主要な構造部分以外に多いのですが、これらは保証・保険の対象外です。例えば、断熱工事の施工不良もそうです。こういったことは、制度上の10年保証や瑕疵保険では対応してもらえず、売主や施工会社、ハウスメーカーとの契約関係及び各社の個別の保証内容によるものです。

 これらの制度が運用されてからも、建築トラブルは多くあるのも事実ですので、そういう意味では、買主(または施主)が住宅の瑕疵(欠陥)などのトラブルをできるだけ抑えるためには、完成物件なら契約前の住宅診断未完成物件なら契約後に建築中の住宅検査を第三者に依頼するのも1つの方法です。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事