住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンションの競売物件

住宅の購入者が住宅ローンを支払うことが出来なくなった時に、売主の意思で売却することを任意売却だと説明しましたが、売主が任意売却をしないときには、金融機関が裁判所へ競売の申し立てをします。裁判所が差し押さえた物件の事を競売物件といいます。

そして、競売によって売却され、その売却代金から金融機関に支払われます。

競売物件は、各地の法務局で入札によって処分されます。これは、業者や一般個人を問わず、代金の用意できる人であれば誰でも入札できます。

○メリット

競売物件の最低売却価格は、相場よりきわめて低くなっている事が多く、実際に落札される金額も市場価格より安くなることが多いです。

○デメリット

しかし、いくら安く購入出来るからといっても、デメリットもあります。

1.現金で購入する事になります。(ローンも使用できるが、手続きが面倒)
2.人気の物件は入札者が競合するので、市場価格に近くなる事があります。
3.明け渡しに手間がかかることがあります。ひどいときには裁判になる事もあります。
4.管理費などの共益費が未納な事が多いです。
5.所有者の売りたくないという意思に反して売却される為、建物の中が見られないことが多いです。
6.物件調査は、物件明細書が作成されてから数ヶ月かかる為、入札者が行う必要があります。

上記のような問題点も考えて、自分自身で購入判断をしなければなりません。
○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事