住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンションの任意売却物件

中古マンションに限りませんが、中古住宅を探していますと、「任意売却」という言葉に遭遇することがあります。不動産仲介業者からは、「任意売却の物件なので、他のマンションより安いです」などと説明を受けることもあります。

任意売却とは、あまり皆さんが耳にすることはありませんが、漢字通りに意味を解釈するならば、「任意で売却する」わけですから売主が自らの意思と判断で自宅を売却する行為は任意売却といっても間違いとは言えません。

しかし、一般に不動産の売買において任意売却というときは、以下のような意味です。

住宅を購入する方の多くが住宅ローンを利用しますが、その住宅には、融資した金融機関の抵当権が設定されます。つまり、住宅を担保にして住宅ローンを利用(借金)しているわけです。そして、その購入者が毎月のローンを支払っていくわけですね。

その毎月の支払いが何らかの理由で出来なくなれば、金融機関は支払ってもらうために当然のことながら支払の催促をします。それでも、支払ってもらえなければ、「自宅を売却してでも融資金額を返金してください」となります。もちろん、実務上はそんなに単純なことではないですが、大まかにとらえるならがこういうことです。

この要求を受け入れて(金融機関から強い要請がなくとも売主が積極的に売却することもある)、売却することを「任意売却」といい、その物件のことを「任意売却物件」と呼びます。

一般的には、任意売却するときは早期の売却を希望していることが多いので、他の物件より安くしてでも売却しようと考える傾向にあります。よって、冒頭に書いたように「任意売却の物件なので、他のマンションより安いです」という説明が出てくるのです。

ただ、市場動向や個別事情によることなので、任意売却物件だから常に相場より安いかというとそうとも限らないことも知っておきましょう。ちなみに、売主が任意売却をしない場合には、金融機関が競売の申し立てをすることがあります。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事