住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入のチェックポイントと注意点

リフォーム済み中古マンションのメリットとデメリット(落とし穴)

 中古マンションを買おうとして広告などを見ると、「リフォーム済み」と記載されていることがあります。既にリフォームされているのですから、その中古マンションを買った後のリフォーム費用が不要となり、綺麗なお部屋でもあるので評判がいいです。

 リフォーム済み中古マンションは、リフォーム費用が現金であまり準備できない購入者にとっても綺麗な中古マンションを購入しやすい点も魅力であり、メリットだと言えます。購入価格のなかにリフォーム費用が含まれていますが、それはマンション購入のための住宅ローンで賄いやすいからです。

リフォーム済み中古マンションのメリット・デメリット

 一方で、リフォーム済み物件を購入する場合のデメリットは何でしょうか。

 既にリフォームされている物件ですから、購入者が買った後にリフォームされた箇所を新たにリフォームする可能性は低いでしょう。自分の好きなようにリフォームしたい人にとってはマイナスです。

 もっと大事なことは、購入者がリフォームしないということは、購入者がリフォームの工事途中を見ていないということでもあり、そのリフォーム工事中に新たに発見された瑕疵を補修しているかどうか確認できないことにもなります。これが最大のデメリットだと言えます。

 リフォームしていく過程では、新たな問題(瑕疵・著しい劣化など)が発見されることがあり、その補修のために追加工事が必要となることがよくあります。もちろん、追加工事費用の負担は辛いのですが、逆に、そのマンションに長く住むことを考えれば安心できることでもあるのです。

 リフォーム済み中古マンションであるならば、その大事な機会を失うことになってしまいますので、それをマイナス事項だと考えるべきです。もちろん、売主が発見された瑕疵や劣化などを補修してくれていればよいのですが、見えない箇所にその後に自分自身で住むわけでもなければコストをかけたくないですよね。

 賃貸マンションのオーナーも修繕工事のコストを削減することを優先する方は本当に多く、それによって建物の寿命を縮めてしまうことがありますが、それと同じことが起こっているかもしれません。自分の住まいと他人の住まい、意識の違いがあるのは避けられないと考えておいた方が良いでしょう。

 これからは、広告で「リフォーム済み」というフレーズを見れば、「綺麗な部屋だな」と思うのと同時に「悪いところが隠れている可能性もあるな」と考えるようにもしましょう。

 ちなみに、購入後にリフォームするなら、床・壁などの下地をとったところで、隠れた瑕疵がないかしっかり確認しましょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事