住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入のチェックポイントと注意点

中古マンションの管理費等の滞納リスクに注意

 前回は、管理人や管理会社に「長期修繕計画」について確認しておくことをお話しました。管理や長期修繕計画は中古マンションの購入判断のためには非常に大事なことです。そこで、今回のコラムは管理人や管理会社などには、ほかに何を確認すべきかをお話します。

 まず、「管理費や修繕積立金の滞納者の有無」を確認しましょう。

 自分自身が購入しようとしている住戸の所有者(=売主)が滞納していないかどうかの確認は当然に大事なことです。滞納がある場合は、所有者(=売主)が引渡しまでに全てを支払うことが条件で購入するようにしましょう。

 実は、この「管理費や修繕積立金の滞納者の有無」の確認は、他の住戸の所有者が滞納していないかどうかも重要です。

 たとえば、修繕積立金を複数住戸が長期間(例えば、半年以上の期間)にわたって滞納している場合、実際に修繕工事などを行う際に積立金不足に陥る可能性があります。その場合、修繕工事が遅れることもありますし、修繕工事を縮小してしまい維持管理が適切に行われないこともあります。

 本来あるべき、そのマンションの管理組合の財産がないわけですから、資産価値としてもマイナスです。

 なかには、以前の所有者が滞納した管理費等を新しい所有者が支払わずに管理組合と揉めているケースもあります。本当は新しい所有者がその滞納額を負担しなければならないのですがその義務を履行していないケースがあるのです。

 「管理費や修繕積立金は自分さえ払っていればいい」というわけではないので、よく覚えておきましょう 。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事