住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古住宅編)

その他の中古住宅のチェックポイントは?

稲久保:
中古住宅を検討する上で、その他にどういったチェックポイントがありますか?
蔦村さん:
後はグレードに関することがありますね。例えば、電気の回路数です。昔は、エアコンを各部屋に設置する事など想定していません。現在の生活スタイルには合っていないので、回路数が足りないなどがあります。
稲久保:
電気の回線数は増やせるのですか?
蔦村さん:
増設は可能です。その他に断熱材も重要ですね。築年数が古いと断熱材は入っていないケースが多いです。
蔦村賢一郎1級建築士
稲久保:
断熱材が入っていないとどんな問題が起こるのでしょうか?
蔦村さん:
断熱材が入っていないこと自体は、違反ではないです。暖房のききが悪いなどが考えられます。断熱材があるのと無いのとでは全く違います。断熱性能は大事なものですよ。
稲久保:
断熱材が入っていない場合は、断熱材を入れる事は可能ですか?
蔦村氏:
可能です。但し、断熱材は部分的に入れても意味が無いので、かなり大掛かりな工事になります。その点を理解して中古住宅を購入する必要があります。
稲久保:
なるほど。コストがすごく掛かるとなりますと、購入判断のポイントになりますね。
蔦村さん:
その他に、サッシの内窓を付けて2重窓にされる方がいます。暖かくはなりますが、今までその窓に結露していたものが他の箇所に現れる可能性があります。つまり、断熱のバランスも重要なのです。
稲久保:
今まででこれはひどいと思った中古住宅の建物調査はどのようなものですか?
蔦村さん:
建物そのものの問題ではないですが、仲介業者さんが情報を公開しないケースがありましたね。契約前の方には、詳細な図面など渡せないとのことでした。古くて図面がないならともかく、あるものを出さないというのはね。その物件は、故意に床下・屋根裏の点検口を潰した後がありました。業者さんに聞いてもわからないとの事でしたし、当然、床下・屋根裏の確認も出来ず、詳細な図面もない状態という事がありました。
稲久保:
売主さんや業者さんに気を使われているお客様も多いですが、売主さんや業者さんの対応も購入の判断に繋がりますね。蔦村さん、今日は、お忙しい中、ありがとうございました!




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事