住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古住宅編)

中古住宅の耐震性と雨漏り

稲久保:
お客様から耐震的な事が気になるという問い合わせを頂くことがあるのですが、建物の調査をして頂いて問題などがわかるものでしょうか?
蔦村さん:
耐震診断をするという方法もありますが、それ以外では、ドアや引き戸の建てつけなどで確認が出来ます。問題があれば、症状としてでてくることがあるので、わかるものです。もちろん、これだけで断定できるわけではなく、耐震や構造的な問題の参考とするのです。
稲久保:
家が傾いている場合に、地盤が問題か建物が問題かはわかるのですか?
蔦村さん:
傾きが局部的なものか、全体かで判断が出来ます。全体的に傾いている場合は、基礎や地盤が原因と考えられます。その場合は、基礎にひび割れなど、症状が出ている事が多いです。
住宅検査をする一級建築士
稲久保:
中古一戸建て建物調査でも水平器を用いて傾きを調べますよね。その傾き方で、原因がわかる事もあるのですね。
蔦村さん:
次に中古住宅を購入する際に気をつけないといけないのは、雨漏りですね。現状で雨漏りが起こっていないかという事と、雨漏りの可能性が無いかという事を確認します。
サイディングの目地にコーキングがされていますが、コーキングは、ひび割れしたり、落ちたりしているので10年を目安にやりかえる必要があります。また、壁やバルコニーの防水も確認する必要があります。サッシの下から水が入る事もありますし、下屋部分から水が漏れる事もあります。
稲久保:
下屋部分はどうやって確認するのですか?
蔦村氏:
ほとんどの場合は、見えない事が多いですが、点検口があればそこから見える事があります。
稲久保:
建物調査を担当して頂いていますが、自分達だけで見るのと何が違いますか?
蔦村さん:
視点が違うと思います。一般の方は仕上げ(=表面的な部分)を気にされる方が多いです。私達のような専門家なら、構造的な事のアドバイスが出来ます。例えば、購入してリフォームを考えている場合に、リフォーム業者に頼み、リフォーム業者の提案で工事をして危険な事もあります。そうなる前にご相談して頂ければと思います。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事