住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古住宅編)

中古一戸建て建物調査の経験から

稲久保:
今まで、本当にたくさんの住宅診断をして頂いておりますがこれはひどい!と思った事はありますか?中古一戸建ての場合でお願いします。

丹波さん:
築年数はそんなに古くないですが、床下がかなり腐っているという物件がありました。その補修には、かなり費用もかかるし、大きな工事が必要なものでした。お客様にも調査に立ち会って頂いており、もちろんしっかり説明しました。

その後、お客様はその物件の購入をやめられて、別の物件の建物調査を依頼して頂きました。2件目に調査をした物件は大きな問題もなくよかったです。本当によかったなと思います。

稲久保:
床下が腐っていることもあるんですね。

丹波さん:
あります。足元がかなり悪くなっているというのは、物件としては最悪です。

稲久保:
腐る原因としては、湿気とかですか?

丹波さん:
雨が床下に入っていたのですが、木造の場合は木ですので朽ちてきます。湿気がひどければ、かなり早く腐ることがあります。

中古の場合には、床下は注意しないといけないです。調査において見ないといけない部分をきちんと注意して見ないで大丈夫ですと判断を下してしまうと、それは極めて重大な問題になるので、中古の場合は特に検査をする側も注意が必要です。

稲久保:
シロアリが心配という問い合わせも多いですが、わかるものですか?

丹波さん:
点検口から覗いて、蟻道(ギドウ)が束などに出ていれば、ある程度はわかります。シロアリがそういう道を作るので、蟻道無しにシロアリがいるということはあまりないのでわかります。

あくまでも、調査の時は目視範囲でしか確認は出来ませんが。床下・屋根裏の詳細調査では、目視範囲が広くなるので、その分、確認出来る範囲が広くなります。

シロアリは水がなかったら生きていけないので、水を飲みに行って、木材を食べに床下や屋根裏に戻ってきます。だから、蟻道というものが出来ます。

稲久保:
中古一戸建てに限らず、これはひどいと思った業者はありますか?

丹波さん:
中古一戸建てでも、新築一戸建てでもそうですが、仲介業者や持ち主の場合もありますが、ある程度やばい物件とわかっていて売るという業者がいます。そういう場合は、素人さんにはわからないと思いますので、自分の仕事が大事だなと思います。

稲久保:
駄目な物件とわかっていて説明もせずに売るなんてひどい業者です!!

丹波さん:
新築で売れなくて、値段を下げて売ろうとしている物件で、建物自体にも問題がある物件でした。

稲久保:
なるほど、ありがとうございます。

本日のインタビューはこれで終了です。お忙しい中、ありがとうございました。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事