住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古物件購入時に知っておきたいポイント

中古物件購入時の敷地のチェックポイント(境界・越境)

 中古住宅を購入する時の敷地のチェックポイントの続きです。大事なポイントの1つとして、境界の確認があります。

中古物件購入時の敷地のチェックポイント(境界・越境)

 敷地の境界には、接する道路との境界や隣地との境界がありますが、道路のとの境界は道路が私道・県道などの公道であればもめることはなく、わかりやすいものです。個人が所有する私道の場合には、ときには境界位置でトラブルになることもありますが、道路と敷地の境が見た目で明確であればそれほど問題にはなりません(もちろん境界杭などの標があることが望ましい)。

 隣地との境界については、杭などで明確になっていないと問題となることがあるため、中古住宅購入時の大事なポイントとなるのです。

 境界が不明確な場合には、将来的に隣地との間で境界位置の認識のずれが表面化してもめることがあります。法務局に登記された地積測量図で土地の面積が確認でき、境界位置が記載されていたとしても、その境界位置が現場のどこであるかについてもめることがあるのです。

 そういった将来のトラブルを無くすためにも、境界が不明瞭であるならば、中古住宅の売買契約を交わす前に「売主の責任と負担で境界を明確にして境界標を設置して頂く」ように交渉することがお奨めします。

 境界と関係する大事なチェックポイントとしては、越境物の問題があります。越境物とは境界線を越えて隣地に存在してしまっている物です。

 よくあるものが植栽の越境です。植木などが伸びて隣地まで侵入していることがあるのですが、侵入されている方はあまり良い気がしません。その付近を通る時に邪魔になることもありますし、何かを傷つけてしまう恐れもあります。場所によっては車に傷がつく可能性もあります。

 ちなみに、植栽は冬に越境していなくても夏には越境することがありますから、季節のことも考えておきましょう。

 他にも雨樋が越境していることもありますし、驚かれる方もいるかもしれませんが、都心部など敷地いっぱいに住宅を建てているところでは、屋根が越境しているということもあります。

 越境物についても、境界問題と同様に中古住宅の売買をする前に売主側で対処して頂くのが理想です。植栽であれば売主側で伐採しておいてもらうべきですし、再び伸びたときにも伐採して頂くよう書面で約束を取り付けられれば安心です。

 雨樋や屋根などの越境でも撤去して頂くのが一番よいですが、建替え等をするときまではなかなか撤去してもらえるものでもありません。そのようなときには、現状のままでも(越境したままでも)購入予定の物件を使用・居住するうえで問題ないことをよく確認し、さらにその隣地の建替え時や購入した自分自身に必要が生じた時に撤去してもらえる約束を書面で交わしておく必要があります。

 境界や越境の問題は現時点で問題ないからと安易に判断せずに、将来の問題の根を早めに取り除いておくことを考えた方がよいでしょう。

 次ページは、「中古物件購入時の敷地のチェックポイント(擁壁・日照)」です。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事