住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古物件購入時に知っておきたいポイント

再建築不可の物件を購入した後のこと・対策

 最後に再建築不可物件を購入した後のことを考えてみましょう。

 現状では建築基準法上の道路に接していない、または接していても2m以上接していない物件でも、将来的に隣地を購入できれば再建築が可能になることもあります。そうなれば、購入時よりも価値が大きく高まり、得をする可能性があります。

 ただし、隣地が売りに出るかわからないし、売りに出ても他の人が先に購入する可能性もあります。また、購入する資金をそのときに用意できるかどうかも問題となります。

 ちなみに、隣地の土地の1部のみを購入することで、2m以上の接することができることがあり、稀にそのような取引がされています。隣地が自分の土地の一部を割譲して売ってくれる場合です。

 上記のように隣地を購入するときの取引価格は相場よりも高くなりがちですが、それだけの価値があり購入資金を用意できるならば購入されるのではないでしょうか。

 再建築不可の物件は売却しづらいことがデメリットの1つですが、売却せずに賃貸する(オーナーとして誰かに貸す)という選択肢もあります。購入価格が安いだけにかえって利回りがよく運用上のメリットが大きいこともあるため、この点はよく検討すべきところです。不動産業者によってはこれを狙って安く買い取りしている会社もあります。

 そして、大事なことですが、購入後の補修やメンテナンスについては十分に気を配り、長く住み続けられるように努めるということです。

  • 隣地の追加購入で再建可能になれば資産価値UP
  • 隣地の一部購入でも
  • 将来は売却せず貸すという選択肢も(利回りがよい?)
  • 補修・メンテナンスにコストをかけて長持ちさせること

 再建築不可の中古物件は、現金資金にゆとりがある方なら検討の価値があるかもしれません。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事