住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古住宅の購入の流れと注意点

中古住宅を購入するメリット・デメリット

 住宅購入の選択肢の1つとして、中古住宅があります。「中古」という言葉だけで敬遠される方もいらっしゃいますが、個々の物件によってはまだまだ長く居住できる住宅もたくさんあります。

中古住宅のデメリット

 国土交通省も様々な政策を通して中古住宅の売買を後押しするようになってきており、今後は中古住宅の流通量がどんどん増えていくと考えられます。

 そう言いましても気になるのが、中古住宅のメリットとデメリットではないでしょうか。これを把握した上で、中古住宅の購入をについて検討してほしいものです。

●中古住宅を購入するメリット

 まずは、中古住宅のメリットから考えてみましょう。最大のメリットは新築に比べて価格が安く購入しやすい価格帯であることです。価格が安いというのは、立地・大きさなどの諸条件が同程度である場合に比較した場合の事ですね。

 たとえば、同程度の価格・立地であって土地の面積が大きいといったように他の条件の違いに価格差が現れることもありますね。将来の家族構成の変化(子供の成長・親との同居)を考慮して、小さな土地の新築より広い土地の中古住宅を選択するのも1つの方法です。

 メリットは他にもあります。中古住宅を購入される方の多くが、購入後に何らかのリフォームをされます。その際に好みの内装や設備を取り入れることができます。リフォームによる住まいへの想い、考えの実現ですね。もちろん、新築住宅でも注文建築などでは可能なことですが、完成済みの建売住宅では購入してリフォームされる方は稀です。

●中古住宅を購入するデメリット

 次に中古住宅のデメリットについてあげてみます。やはり、その古さゆえの心配点が多いです。建物があと何年ぐらいもつのか、購入してすぐに補修工事などで想定外の費用がかかるのではないか、といったものです。

 本当は建物の構造躯体がしっかりしていて、メンテナンスを適切に行っていくことで住宅を長持ちさせられることは多いのですが、この点を判断するのは一般の方には難しいですよね。それだけにデメリットとして、不安要素として挙げられるのです。

 また、売主が居住中に売却することも多いため、家具や荷物があって部屋の隅々まで確認しづらいこともデメリットだと言えます。ゆっくり時間をかけて物件見学をしたとしても、家具をどかせてまでは見れません。収納内部などは遠慮してなかなかチェックできませんよね。

 そして、新築住宅に比べて保証・保険・売主の責任が弱い点もデメリットだと言えます。新築住宅ならば、10年間の保証が義務になっておりますし、瑕疵保険や法務局への供託も義務になっているため、これが買主にとっての安心材料になっています。

 中古住宅でも、任意の保険はあるものの構造の瑕疵については請求しても認められない可能性が高いなど問題が多く、不十分であるのは確かです。

 以上のとおり、中古住宅にはメリット・デメリットがありますが、購入時の注意点をしっかりチェックすれば、購入を検討するに値するものだと思いますので、一度考えてみてください。「中古住宅購入のチェックポイントと注意点」を参考にして中古物件をよく吟味されると良いでしょう。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事