住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンションの元営業マンの裏話

マンションの販売センターにある模型はどうなるの?

今回のお話は、マンションの販売センターにある模型についてのお話です。

販売センターやモデルルームにある、マンションの全景や数あるタイプの中から、いくつかのタイプの模型が展示されているのを見たことがありますか。

あれは、販売が終了すると殆どの不動産会社では廃棄しているのです。

皆さんは気になった事があるでしょうか。あの模型の価格についてご紹介すると、何と一つ数十万の片手で持てる大きさから○千万円する巨大なものまであるのです。それをゴミにしてしまうなんてもったいない気がする話なのですが、皆さんは価格についてご存知でしたか。

あの縮小模型を見ると、建物のだいたいの感じや造り、色合いがかなり忠実に再現されていて、とても参考になるモノなのです。買う側からしても自分の欲しい物件の全体や、購入したいタイプの模型を見ることができれば安心しますよね。

新築マンションは完成前に販売する青田売りですから、買う側にとっても売り側にとっても重要なのです。

カタログの説明や立面図など見てもなかなか分かりにくいのですが、模型があるお陰でお客様のみならず売る側もお客様と意思の疎通を図る為に、とても役に立つツールなのです。

大規模のマンションや小規模のマンションでも最近はその模型の縮尺に合わせて、道路や駐車場の所にミニカーを配置していますが、お子さんだけではなくお父さんの方も喜んで触ったりしています。

ただ、展示してあるものは基本的に触らない様にして下さい。展示してある模型やミニカーなどの紛失や破損は、後から物件を見にくる方にとっては、元のままにしておいてくれないと参考にできません。

時々屋根、バルコニーの手すり、フェンスなどが壊されて放置してあります。うっかり触ってしまったのは仕方ないにしても、不動産会社の人に申し出てくださいね。たいがい怒りませんから(笑)、補修して引き続き展示します。

そして見事完売しましたら取り壊しとなりますが、それが役割のモノですので引き払う時、不動産会社の人はさようならと見送ります。

もし、あなたが住宅模型好きなら、あの模型製作で生計を立てている人もいますので、仕事で関わってみては如何でしょうか。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事