住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンション購入の基礎知識

新築マンション選びの初歩(モデルルームと営業マンに注意)

 まずはモデルルームの注意点です。モデルルームですから、とにもかくにも、お客様へ与えるイメージが第一となっています。それは、モデルルームに限らず広告やパンフレットも共通です。

 それは、なんといってもモデル、なのですから、素晴らしいインテリアや雰囲気、非現実的なイメージが膨らんで、正確な判断能力が奪われる可能性大です。

 よくお考えください。モデルルームはあなたの部屋ではなく、あくまでもモデルであるということを、そこで気持ちが高ぶり、買いたいという欲求だけが先走ってしまうのです。これではマンション販売業者の思うツボです。

 モデルルームへ行く際は、メジャーだの、家具の寸法を書いたメモだのがいると言いますが、それよりもなによりも、「冷静さ」だけは是非忘れずに持って行っていただきたいです。

 次に営業マンに関する注意点です。マンション分譲の営業マンは意外とマンションのことを知りません。そもそも建築の知識がありません。もちろん、全員ではありませんが、知らない方が多いという事実があります。もっと言えば、不動産の知識すら疑問なところです。

 なぜ、不動産を扱う営業の者が、こんなにもマンション販売への知識をもっていないのでしょうか。それは明らかに、売っている側の意識が低いとしか言いようがありません。

 今から人生をかけた大きな買い物をしようとしているお客様に対して、相当なリスクを抱えた決断をしようとしていることへの意識が低いのです。素人よりも少しでも詳しければ多少のことは誤魔化しがきいてしまうので、勉強不足だとしてもマンションは売れるのかもしれません。

 良い営業マンとそうでない営業マン、その見分けの判断は難しいものです。営業マンの言うことをそのまま信じていいのかどうかわかりませんね。信じて失敗する可能性もあります。次のようなことがありました。

 「阪神の震災を受けたことがあるため地盤が心配です」と、ある相談者からお話がありました。

 そのことを営業マンに尋ねると、「ここ(建築地)は、地盤が元々強く、直接基礎で対応している」との説明を受けたそうなのです。しかし、こちらで地盤調査をした結果をみると、地盤はむしろよくありません。

 地盤が弱くとも、それに応じた構造になっていれば良いのですが、そのあたりの説明は一切なく、「地盤は強い」と断言していたのです。

 知らずに言ったのか、知っていて言ったのかわかりません。ただ、どちらにしましても、お客様に対してその対応はあまりにも誠実さに欠けます。もっと言えば、虚偽であり、だましているのです。

 失敗した方が良く「良い人に見えたのですが・・・」と仰られますが、今までに何度このセリフを聞いたことでしょう。

 あなたがマンションを買うという行為にどれだけのリスクがあるのか、また購入を決めることの重大さを分かっていただけましたでしょうか?ほとんどの人が、パンフレットやモデルルーム、営業マンの説明で、その決断をしているのですが、たくさんの方がその決断に泣かされているということ、そのことに気付いて、実際に購入の際に気を付けていただければと感じる次第です。

 パンフレットもモデルルームも、営業マンも、マンションを購入してもらうことが目的です。信じるべきは自分自身です。大事なことは、リスクがあることを充分に認識し、そのリスクを抑えるには、買う側のあなた自身が、知識武装することです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事