住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の建築工事の流れ

屋根工事:野地板・ルーフィング・屋根仕上材

 屋根の工事は、上棟(棟上げ)後に行います。まずは、屋根の下地工事を行い、下葺き材(ルーフィングなど)を施工し、最後に屋根の仕上げ工事(スレートなど)へと工事が流れていきます。

木造軸組の図

 では、屋根の下地工事からです。「木造軸組工法(在来工法)の住宅の構造と各部の名称」を見ながら読んでください。

 図では、屋根の最頂部に棟木があり、この棟木から軒桁へと垂木が架けられます。この垂木は母屋(棟木と同一方向に架かっている木材)と直交するように架けられていきます。



野地板

 左上の図は野地板を張る前ですが、その後に垂木の上に野地板を釘で貼っていきます。この野地板がスレートや瓦などの屋根材の下地材となります。野地板は構造用合板で、厚さは9mm以上のものを使用しますが、12mmのものを使用することが多いです。


 地震に対することを考慮すれば、野地板はできれば千鳥張りが良い(力が分散するので)ですが、千鳥に張られていない現場も多いです。

 野地板の施工を終えれば、次は屋根の下葺き材の施工です。下葺き材にも種類がありますが、最近の住宅ではアスファルトルーフィングが使用されることが非常に多いです。この下葺き材は防水シートで、屋根の仕上材から中へ侵入してきた雨水を防ぐためのもので、大変、重要なものです。

屋根:ルーフィング

 このアスファルトルーフィング防水シート)は、屋根の勾配の下手側から施工していき、上手側のものを下手側の上に重ねるようにします。その重ね代は100mm以上必要です(上下)。逆の重ね方をしてしまいますと、雨水が侵入してしまうリスクがあります。また、左右(横方向)の重ね代は200mm以上です。


 屋根の形状等によっては屋根が壁面に接する場合もありますが、その接する壁面の立上り部分は重ね代を300mm以上としなければなりません。

 そして、最後に屋根の仕上げ工事です。屋根の仕上材の種類は豊富ですが、昔なら瓦葺でした。最近はスレート葺きの住宅が非常に多く、一部ではガリバリウム鋼板のような金属葺きの住宅もあります。

屋根:スレート葺き

 スレート葺きのときは、、前述したアスファルトルーフィング(防水シート)と同様に屋根勾配の下手側から施工していき、上手側を上に重ねていきます。そのときの重ね代はメーカーの仕様を確認するようにします。


○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事