住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の建築工事の流れ

構造躯体:建て方(柱・小屋組などの上棟まで)

建て方

 ここでは、建て方(たてかた)の建築工事の流れについて説明します。ここで説明するのは木造軸組工法(在来工法)の2階建てです。建て方とは、土台、柱、梁と施工していき、棟上げするまでの工程を指します。



ホールダウン金物

 まず、1階部分の土台の上に柱を立てていきます。1階の土台から2階の天井部にある軒桁まで通す柱が通し柱で、1階の土台から2階の床部にある胴差までの柱が管柱です。この胴差から軒桁までの柱も管柱です。ちなみに、柱の間に設けるものを間柱と言い、柱の二つ割の寸法の材料です。土台と柱は、ホールダウン金物(左写真)やアンカーボルトL字金物で緊結します。

 サッシが入る位置(窓の位置)には、窓の枠組みを作ります。窓の上端の部分が窓まぐさ、下端の部分が窓台です。

通し柱・管柱・間柱・胴差・軒桁・窓まぐさ・窓台の位置は「木造軸組工法(在来工法)の構造と各部の名称」を参照



羽子板ボルト

 そして、胴差(どうさし)や梁といった横架材で柱と柱を水平方向につないでいきます。このとき、柱と梁は羽子板ボルト(左写真)でしっかりと留めます。


 上記と同時に1階では仮筋交いを設置しておきますが、次の工程へ進む前に、柱の垂直を確認して傾きを直し、仮筋交いも調整しておきます。

 次に、2階の構造用合板(剛床)を張っておいてから、2階部分の胴差から軒桁までの柱(管柱)を設置していきます。2階の柱を立てれば、桁や梁といった横架材で柱を水平方向につないでいきます。

小屋組

 2階の天井部の梁(小屋梁)から上に、小屋束・母屋、垂木(たるき)、火打ち梁、棟木、野地板と設置しておきます。これらを小屋組(左写真)と言います。棟木まであげれば、いわゆる上棟(棟上げ)です。

母屋・垂木・火打ち梁・棟木の位置は木造軸組工法(在来工法)の構造と各部の名称を参照



 上記の工程の順序は現場によって異なりますので、必ず上記の通りとなるわけではありません。2階の床を張る前に、小屋束・母屋、垂木、野地板を施工することもよくありますし、同時進行で進めることもあります。

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事