住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築住宅の施工監理(建築中の検査)の実態と第三者監理

建築中の第三者の住宅検査の検査回数は何回がよいか

 分譲住宅(建売住宅)であっても建築前(着工前)や建築中の新築住宅を契約する方が非常に多くなっています。売主に多少のプラン変更に応じてもらえ、マイホームに自分たちの要望を反映させやすくなったことは歓迎すべきことだと言えます。

検査回数

 これと同時に、完成後の分譲住宅では隠れて見えなくなっていた箇所を建築中に目視確認できることも買主にとっては大きなメリットとなっています。安心・安全への意識が高まっているなかで、これは良いことだと考えられます。


 建築中の住宅検査の重要性は「第三者の住宅検査(建築監理)の必要性」のなかでも記載した通りですが、一体、第三者の専門家には何回ぐらいの検査を依頼すればよいのでしょうか。当然ながら検査回数を増やすほど安心感も増しますし、実際にそれだけ細かなところまでチェックしてもらえることは有益なことです。しかし、その分、検査費用も高くなるわけですから検査を依頼する消費者としては迷うところです。

 適切な住宅検査の回数や検査のタイミング・内容は、対象となる建物の構造・工法・工程などの諸条件によって異なるので一概には言えません。ここでは、1つのモデルをベースに適切な検査回数をご紹介します。

○木造軸組工法(在来工法)2階建ての場合

木造軸組工法
 日本で最も多い戸建て住宅が、木造住宅でありそのなかでも軸組工法(左図)が多いです。柱や梁、筋交いなどで主な構造部分を構成しており、今の新築住宅では多くの金物を使用してこれらを緊結しています。昔ながらの工法であることから、在来工法とも言われています。


 第三者の住宅検査の実績が豊富な検査会社であるアネストの検査モデルでは、この構造・工法の場合として以下の検査を提案しています。

  • 地盤改良工事
  • 掘り方(遣り方)
  • 基礎配筋検査(底盤)
  • 基礎配筋検査(立上り)
  • 基礎コンクリート打設時の検査
  • 基礎コンクリートの仕上り・土台敷き
  • 構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)
  • 防水工事(外壁の防水シート等)
  • 断熱工事
  • 設備配管、電気配線、基礎断熱
  • 下地材等
  • 竣工検査(内覧会立会いと同等)
  • 補修後の確認検査

 上記の全ての検査を実施する必要性は高くないことも多いですが、このうち特に重要なもの(本当は全て重要です)に絞ると以下の検査となります。

  • 地盤改良工事
  • 基礎配筋検査(底盤)
  • 基礎配筋検査(立上り)
  • 基礎コンクリート打設時の検査
  • 基礎コンクリートの仕上り・土台敷き
  • 構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)
  • 防水工事(外壁の防水シート等)
  • 断熱工事
  • 竣工検査(内覧会立会いと同等)

 上記の通り9回の検査ですが、上記のうち「地盤改良工事」は地盤が良い敷地であればありませんので、8回の検査となります。人によって考え方の差もありますし、工程にもよるためこれをベースにアレンジしていくイメージでよいでしょう。

 大手ハウスメーカーであれば、部材をユニット化して現地で組み立てる方式ですから、検査回数は6回ぐらいでも十分な場合があります。こういったことは、個別の住宅の特徴を考慮して決めていくべきことですから、検査をする方にあって図面や構造・工法を示したうえで検査回数やタイミングについて相談することがお奨めです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事