住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

基礎工事:基礎配筋の注意点とチェックポイント(4)補強筋とアンカーボルト

 次に補強筋の注意点とチェックポイントです。

基礎配筋の補強筋

 基礎コンクリートに孔や開口部がある箇所は、どうしても強度が弱くなってしまうため、そのような箇所では補強筋で補強する必要があるのです。

 基礎の立上りに通気口がある場合や人通口がある場合には、その周囲を補強筋で補強するのです。また、配管のスリーブがあるところも同様です。


 通気口や人通口(下の写真の中央部)、スリーブなどは必要なものなので、補強筋で対応することになります。ちなみに、基礎コンクリートを貫通する孔の大きさが60mm未満であれば補強筋をする必要はありません。ただ、スリーブ廻りの補強筋や人通口の補強筋の考え方は設計者(施工業者)によって多少の違いがあります。補強筋の入れ方・その鉄筋径・定着の取り方などによります。

人通口の検査

 本来は鉄筋コンクリート構造標準仕様書及び配筋標準図があって、その図面を元に監理するのですが、現実には木造の住宅の図面にはそういう図面が無いのが実情です。

 現場では施工業者の今までの実績とか鉄筋業者の慣習などに拠り差異が見られます。木造が専門の業者の場合は特にそういう傾向が見られます。


 つまり、施工業者によって異なる部分ですので、しっかりチェック(検査)しておかないといけないとも言える部分です。

 次に、ホールダウン用アンカーボルトのチェックです。設計図書と照合しながら、図面通りの位置に設置されているか、本数は間違いないかを確認します。そして、埋め込み状態や型枠にしっかり固定されているかもチェックしなければなりません。

 基礎配筋が完了すれば、床下換気口や人通口、配管の位置が確保されているか、鉄筋に乱れがないかといったことを改めて確認しておきたいところです。さらに、配筋工事の過程で防湿シートが破れることもあるので、ここで再チェックしなければなりません。基礎の配筋工事は大事な工程ですので、第三者の住宅検査も検討すると良いでしょう。

< チェックポイント >
・鉄筋等
 かぶり厚
 補強筋(コーナー部・開口部)
 スリーブ
 逃げ配管の状態

・金物:アンカーボルト
 埋め込み状態
 通心
 首手寸法
 位置
 本数
 型枠への固定

・換気
 床下換気口

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事