住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入時の売買価格と価格交渉の注意点・流れ

売り出し価格(販売価格)の決まり方

住宅を購入する際の大きな関心事の1つは、住宅の「売買価格」に関することではないでしょうか。

住宅は高い買い物です。大きな金額の住宅ローンを借りて購入する方が多数を占めており、リスクも負担も小さなものではありません。それだけに、買おうとしている住宅の売買価格について疑問を持つ方も少なくありません。

  「住宅の売買価格はどうのようにして決まるのか?」

当然のことですが、売主と買主がいて双方の合意をもって売買価格が決まるわけですが、住宅の購入検討者が物件探しをする段階では売主が一方的に提示している売り出し価格を見ています。

  「なぜ、○○○万円で売っているのだろうか?」
  「価格交渉しても良いのだろうか?」

などと思うものです。

最終的な売買価格は、あくまで売主と買主が合意して決めるものですが、大よその価格帯は他の物件との比較によって決まります。ここでいう、他の物件の最も影響が大きなものは「取引事例」です。

取引事例とは、その住宅と近い条件(立地・大きさ・築年数など)の住宅が過去にいくらで売買されているか、ということです。比較対象の住宅は多い方が、より参考になります。

ただ、住宅の売買価格には、相場変動(不動産市場の動向)があるものですので、あまりに古い取引事例と比べても参考にし辛いです。ある程度の期間内においての取引事例を集めて、さらに相場変動を考慮して価格を決めていくのです。

そして、重要なことの1つとして、その住宅の個別の条件をも考慮しなければなりません。不動産には、全く同じものは存在しませんので、個々の条件の良し悪しを価格に反映していく作業が必要なのです。

例えば、角地かそうでないかも価格に影響しますし、建物の築年数も影響しますよね。世間一般的に良いと思われる条件の住宅の方が高く評価されるのは当然のことでしょう。

このように、取引事例や時間差による相場変動、個々の物件の条件による調整を経て、適正と思われる売り出し価格が算出されるのです。

しかし、これだけですぐに売り出し価格が決まるわけではありません。ここに、さらに売主の考え、思惑といったものが影響して最終的な売り出し価格が決められます。売り出し価格を決めるのは、あくまで売主ですから、売主の考えや事情などが反映されるのは当然のことですね。

何らかの事情によって、売り急ぎしている場合は、上記で算出した金額よりも安い価格で売り出すこともありますし、別の考えをもって高めの価格で売り出すこともあります。

このようにして、売り出し価格が決まるわけです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事