住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅診断・住宅検査・ホームインスペクション

中古一戸建て購入前の住宅診断(ホームインスペクション)の意義・目的・内容

 中古一戸建て住宅を購入する前に住宅診断(ホームインスペクション)をすることの意義は何でしょうか?

 やはり最大の意義は、中立的な第三者の専門家の住宅診断(ホームインスペクション)の結果を購入判断の材料とすることができることです。専門家にしっかり住宅診断(ホームインスペクション)してもらうことで、一般の方にはわからない建物の不具合の有無や劣化状態を知ることができます。

 建物の不具合の有無や劣化状態を購入前に知ることができれば、その対応(補修や補強など)に費用や労力が必要となることを事前に察知できますから、重要な購入判断の材料となります。

 そして、購入前(契約前)に住宅診断(ホームインスペクション)をしておけば、その結果次第では、何の負担もなく中古住宅の購入を中止することもできます。これが契約後であれば、手付金を放棄したり、場合によっては違約金の対象となったりすることも考えられますからリスクがあります。もちろん、購入後であっても建物の問題点を早期に把握することは大事ですから、利用する価値は十分にあるでしょう。

 また、建物の詳細な図面があれば、現地での住宅診断(ホームインスペクション)と合わせて様々な情報を得ることができます。その中古住宅のメリットやデメリットも知ることができます。

 中古一戸建て購入前の住宅診断(ホームインスペクション)の意義をまとめると以下のようになります。

 ・住宅診断(ホームインスペクション)の結果を購入判断の材料にできる
 ・住宅診断(ホームインスペクション)の結果次第では購入中止できる
 ・購入前にデメリットを知ることで後悔しなくなる

 次に中古一戸建て購入前の住宅診断(ホームインスペクション)査の内容についてですが、、以下の2点がその主なポイントとなります。基本的には新築一戸建てと同じです。

 ・設計図書のチェック
 ・住宅診断(ホームインスペクション)(現場での調査)

 新築一戸建てとの大きな違いは、設計図書(図面)の量だと言えます。全ての中古住宅が同じではありませんが、一般的に、中古住宅の場合は図面不足が問題となっています。新築時の購入者が時間の経過とともに、設計図書を失ってしまうことは非常に多いです。築年数が古い住宅ほど、設計図書の残存率は低いでしょう。

 また、時代が古くなるほど、新築時に作成した図面が少ないということもあります。詳しい図面が始めから作成されていない場合は、当然ながら売主も保有していません。

 設計図書(図面)は多いほど良いです。もし、売主が保有しているなら、購入の際には必ず譲り受けるようにしましょう。しかし、実は住宅診断(ホームインスペクション)は設計図書がなくても実施できるものですから、無いからといってあきらめる必要はありません。

 次に、現場での住宅診断(ホームインスペクション)ですが、基本的には目視できる範囲で行うことになります。
建物の劣化状態や不具合は、建物の外部からの調査や内部からの調査を行います。点検口があれば、そこから床下や屋根裏の状態も点検します。設備に関してはできるだけ、実際に動作させて確認します。

 住宅診断(ホームインスペクション)を利用して、その結果や診断者のアドバイスを中古住宅の購入判断に活かしましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事