シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既存住宅売買かし保険とホームインスペクション(住宅診断)

ホームインスペクション

中古住宅を購入するときに、既存住宅売買かし保険を利用する人が徐々に増えつつあります。

とはいえ、ここで初めて「既存住宅売買かし保険」という保険を耳にした人も多いでしょう。まだ知名度は高くなく、不動産業界人でもこれを知らない、もしくは聞いたことはあるけど詳しくない、斡旋などをしたことがないという人は非常に多いです。

既存住宅売買かし保険とは、購入した保険付きの中古住宅に対象となる瑕疵が見つかったときに、その瑕疵の補修費用を保険金から支払うというものです。買主にとっては、安心材料の1つとなりえるものですから、不動産会社がもっと積極的に案内してもよさそうです。

ホームインスペクション

保険に加入するのは買主ではなく、住宅検査事業者や不動産会社であるなど、少し複雑なシステムで理解しづらい保険の仕組みなのですが、詳しくは「既存住宅売買かし保険と中古住宅の保証サービスの仕組み」をご覧ください。

この既存住宅売買かし保険は、検査費用と保証料の負担が必要なため、そのコスト負担が買主に重くのしかかる点が大きな壁となっており、なかなか気軽に買主が利用できない状況にあります。しかし、築20年超の木造住宅や築25年超の鉄骨造の住宅を買う人にとっては、住宅ローン控除を受けられるメリットがあるために、保険加入を積極的に考える人が多いです。

住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を購入すれば、所得税が安くなるというメリットがある制度です。しかし、購入する住宅が築後20年超(耐火建築物は25年超)である場合には、耐震診断で一定の基準を満たすか、既存住宅売買かし保険に加入する必要があるのです。

実際に、ホームインスペクションのアネストでも、中古住宅建物保証(既存住宅かし保険付き)を利用される人は、住宅ローン控除を一番の目的としていることが多いです。

このことについては、「中古物件購入時の住宅ローン控除のための耐震診断と既存住宅瑕疵保険 ~中古物件で住宅ローン控除(住宅ローン減税)を受ける2つの方法と注意点~」で詳しく書いております。

住宅ローン控除の対象となれば、数十万円から数百万円のメリットがありますから、積極的に検討するのも当然です。

既存住宅売買かし保険に加入するためには、検査を受けなければならないのですが、買主としてはせっかくの機会ですから、一緒に第三者のホームインスペクション(住宅診断)の利用も検討するとメリットが大きいです。

既存住宅売買かし保険の検査は、保険加入のために必要な項目のみを基準に適合しているかどうかのみ確認するものです。簡単に言えば、ざっくりとした建物検査です。適合したかどうかの結果のみがわかるものですが、長く中古住宅を使用していくために補修の必要なものかどうか判断ができません。

買主としては、急ぎ補修が必要なのか、焦る必要のないものか、そもそも大きな瑕疵・問題であるかどうかを知り、それを購入判断に活用すべきところです。そういったアドバイスを得られるのが、ホームインスペクション(住宅診断)ですから、こちらも利用を考えたいところです。

既存住宅売買かし保険の検査と一緒にホームインスペクション(住宅診断)も行える検査会社に依頼すれば、コストも抑えられるため、そういった会社へ依頼することはメリットとなります。

執筆者:専門家

〇関連コラム

○専門家に依頼するなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする