住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

「家づくりの資金計画」講座

住宅ローンの金利選択(2)

前回の続きです。
住宅ローンの金利タイプを整理してみます。

まずはしっかり金利タイプのことを知ることからはじめましょう。

大別して変動金利型、固定金利型、固定金利期間選択型があります。
それぞれ金利変更ルールや特徴をよく掴んでおきましょう。

【注:記号】 □…特徴  ○…メリット ×…デメリット

1. 変動金利型

□年2回、金利の見直しがある。
□金利が上昇しても借入れから5年間返済額変わらない(元金と利息の内訳は変更)。
○低金利の場合に当面の返済額を抑えられる。
○金利が低下した場合金利見直しによって返済額が減少する。
×金利上昇に伴って返済元金が増えてしまう。

2. 固定金利型(全期間固定)

□完済時まで借り入れ時の金利を適用。
○低金利時に借り入れた場合、将来金利が上昇しても不安はない。
○常に返済額が一定なので返済計画を立てやすい。
×融資実行時に高金利だと返済終了まで高い金利を払ってしまうことになる。

3. 固定金利型(段階金利)

□決められた期間経過後、金利が見直されて1〜2回上昇する。
○全期間固定に比べて、借り入れ時の金利が低い。
○金利が上昇するのは1〜2度だけなので変動金利型に比べて返済計画を立てやすい。
×当初金利での返済で生活が目一杯の場合、上昇時に対応が難しいことも出てくる。

4. 固定金利期間選択型

□固定金利期間終了後、金利状況に応じて固定か変動かを選択し直す。
○固定金利型に比べ借り入れ時の金利が低い、必要年収が下がり借り入れ可能額が増える。
×固定期間中、変動型に比べて高い金利を払うケースもありえる。

以上です。どれも一長一短があって、ますます分からなくなりましたね。

住宅ローン

住宅ローンの返済は数10年単位の長い旅です。

現段階で考えうる細かなライフプランを立ててみても、それ以外に思わぬこともあるでしょう。
だからと言って、何も展望なしで決めてしまうのは極めて危険です。

不測の状況にも余裕を持って対応できるように、
基本線としては返済計画が立てやすい固定金利型をお勧めします。

経済情勢にもよりますが、金利が上昇傾向になるような局面では
長期固定での借り入れを検討するようにして下さい。

もし10〜15年程度で完済が可能な確実性の高いシナリオがある場合、
または当初の借入金が1000万円前後の相対的に多大な額でない場合、
変動金利や3〜5年など短めの固定金利選択型で有利になる可能性はあります。

ライフプランから繰上げ返済できることを確認して、
無理のない範囲で短期完済するようなシナリオですと、総返済額がぐっと抑えられます。

つまり『金利上昇時、家計への影響がどの程度になりそうか?』がポイントです。

何がなんでも固定金利型がお勧めと言っているわけではなく、
返済に十分な余裕があり、ずっと続く方は固定金利型で無くても良いと思います。

ライフプランをじっくりと見つめて、
無理のない金利タイプのローンで購入できるように考えてみて下さい。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事