住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

「家づくりの資金計画」講座

失敗しないマイホーム資金計画

このコラムでは、これまで数多くのマイホーム資金の相談を受けている
ファイナンシャルプランナー(略してFPとも言われています)という
専門家の立場から、皆さんにとって失敗しない資金計画とはどうあるべきか?
というようなことをお伝えしてまいりたいと思います。

マイホームの資金計画

まずは基本となる考え方から入ります。

住宅を購入される場合、ほとんどの方は住宅ローンを組みます。

住宅ローンを組むにあたって、
「自分にとって適正な借入額っていくら?」
「どのような返済方法が良いか?」
「貯金をどれぐらい取り崩すことができるのか?」
といったようなことを考えられると思います。

これに対する答えは・・・・

『人それぞれで違います。』

なぜならば、人それぞれ別々の考え方や置かれている状況が異なります。
別々の人生設計というものがあるからです。

「あの人が買ったから、自分も買いたい/買えるだろう。」にはなりません。

ではどのようにして、
自分にとって適正な借入額、適正な返済方法を考えていけば良いか?

それは、
第1に「住宅購入前後の家計の変化をできる限り予測する」
第2に「将来にわたって人生設計(ライフプラン)を立てて分析する」
この2点が基本となります。

広告等で見かけるような、そして営業マンが訴えるような
「家賃以下の住宅ローン、家賃並みの住宅ローンで家が買えます!」
本当の意味で正しいのでしょうか?

これを確かめる第1の作業が
「住宅購入前後の家計の変化をできる限り予測する」ことです。

さらに、
長い人生の中で家計に大きな影響(変化)をもたらすものには、
どんなイベントがあって、どの時期にどれぐらいのお金がかかるのか?
並行して住宅ローンの支払いができるのか?

出来る限り想定しておく作業が
第2の「将来にわたっての人生設計(ライフプラン)を立てて分析する」
ことなのです。

「家計の変化」については、
家計の中でも最も大きな変化や影響のある住居関連費を中心に考えます。
住居関連費の変化を把握するには、購入前後の住居関連費にはどのような
項目があるかを知り、それらがどのように影響するかを考えていきます。

「ライフプランを立てる」については、
人生で掛かるお金において影響を及ぼすイベントを洗い出します、
時系列で考察していきながら、先のほうでは物価上昇・金利上昇リスクなども加味します。

それらの結果を分析することによって、
冒頭にあったような適正な借入額、適正な返済方法が浮かび上がります。

住宅ローンの支払いは長期間にわたります。
自分が育ててもらった期間とほぼ同じぐらいになるかもしれません。
だから単に今の状況だけで判断してしまうのは危険が大きすぎます。
長期的な展望を含めて検討することが、本当の意味での資金計画となるのです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事