住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

「着工後、完成、引渡し」講座

未完成の新築住宅の引渡しを受けた場合のリスク

 前回は、未完成の住宅の引渡しを受けてはいけないことをお伝え致しました。それでは、なぜ未完成の住宅の引渡しを受けてはいけないのでしょうか?今回はこのリスクについてお伝え致します。

 まず、大きなリスクとしては、売主や施工会社の倒産が考えられます。

 建物が完成する前に、売主や施工会社が倒産してしまうと、施主(又は住宅購入者)は大きな損失をしてしまう可能性が出てきます。いつ完成するかわからない、という不安だけでなく、既に代金を支払っていたとなりますと、返金されない可能性もあります。

 実際には、多額の中間金を支払っていて、売主や施工会社が倒産し、損失を受けてしまう施主(又は住宅購入者)の例があります。倒産した会社の規模が大きいとニュースになることもありますが、小規模な会社の倒産ではニュースになることもないので、あまり知られていません。

 しかし、このニュースになっていない倒産は多いです。多くの工務店や不動産会社が不景気の影響を受けているので、私には関係ない、とは言えないでしょう。

 また、多くの取引で生じているリスクとしては、施工者(又は売主)の対応が引渡し後に悪くなってしまうケースです。引渡し後では、施工精度の悪い箇所の補修を求めても対応してくれなかったり、対応が遅かったり、、、

 基本的には、引渡しと残代金の支払いは同時に行うことが一般的です。この支払いをしているか、していないかが影響することがあるわけです。多くの事例を見ていますが、代金の支払い前か支払った後かで対応が異なることは少なくありません。

 住宅の完成を確認してから、引渡し・代金の支払いを行うことは本来は当然のことですので、遠慮なく施工者(又は売主)と交渉しましょう。そして、完成時の内覧会では建物の施工品質をしっかりチェックしなければなりません。

○専門家に依頼するなら
第三者の建築中の住宅検査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事