住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

「土地探し」講座

土地探しの壁と建築条件付き土地

自宅の建て替えや親の土地など、建築用の土地を所有していない方であれば、
家づくりの最初の段階で土地探しをしますね。
その土地探しの際に大きな壁を感じることが多いです。

「更地に思い通りの家を建てたい」と考え、
土地探しを始めます。

住宅展示場などで話したハウスメーカーを介して土地を探す方は多いですし、
自ら不動産仲介業者にお願いすることもあるでしょう。

しかし、なかなか希望条件にあう土地が見つからない方が本当に多く、
これを大きな壁と感じるのです。

特に従来からある街中では、更地もしくは古い建物付きの土地が一般に販売されていることは多くありません。

多くが中古住宅であるか、新築住宅です。

やっと「土地の売却物件を見つけた!」と思っても、
多くの場合において、建築条件付きの土地ですね。

不動産会社が土地を仕入れて、建物を建てて販売する(分譲住宅・建売住宅)ことが多く、
なかなか一般消費者に良い情報がまわってこないのです。

郊外の比較的大きな開発地では、土地の販売もありますが。
よく大手ハウスメーカーが森を開発して、、、
または地元の不動産会社が田や畑を開発して、、、
といったケースですね。

さて、前述した建築条件付き土地ですが、
これは、どの工務店に建物の建築を依頼するか決められており、
それが条件となっているものです。

多くの場合、土地の売主かそのグループ会社で建築することが条件となっております。
つまり、希望する工務店やハウスメーカーが別にあったとしても、
その土地で建ててもらうことはできないわけです。

建築条件付き土地は、建物に関して工務店を選ぶことはできないものの、
住宅プランの自由度が高いことが多いですね。
しかし、なかには建売住宅とあまり変わらないほどにいろいろな制限、条件が
設けられていることもあり、打合せを進めていく過程で
「建売と一緒では、、、?」と疑問を感じる方も少なくありません。

これについては、契約前に諸条件をよく確認しておかなければなりませんね。

「建築条件を契約からはずしてほしい」と交渉される方もいらっしゃいます。
不動産会社側は通常は応じませんが、土地の購入価格次第では応じることもあります。
そういう事例を何度か見てきました。

不動産会社の多くが、土地の売買ではほとんど利益を出さず、
建築代で利益を出そうと考えています。
その建築代でねん出する粗利相当額を土地代に上乗せすることを条件に
建築条件を外すことができる場合があるようです。

もちろん、買主にとっては割高な買い物となるのですが、
希望をかなえるためと割り切っていらっしゃる方です。

今回は、土地探しのノウハウというわけではないですが、
土地探しで直面する課題として知っておいて頂いた方が良いでしょう。

○専門家に依頼するなら
第三者の建築中の住宅検査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事