住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築条件付土地(宅地)の売買の流れと注意点

建築条件付土地と第三者検査・工事監理の必要性

◆建築条件付土地を購入後の杜撰な工事監理と第三者の住宅検査

 一言で建築条件付土地と言ってもいろいろなケースがあるものです。しかし、その多くの場合において、着工後の現場管理、工事監理の杜撰さが目立っており、工事の品質面が心配されることが多いです。

 特に、建築条件付土地でフリープランや注文建築をうたいながらも、ほとんど建て売り住宅の感覚で建築される建物の場合は、施工品質の監理、検査はあまりされておりません。

 工事監理者はほとんど現場へ来ないですし(大手ハウスメーカーも含めて)、現場監督は工事の進捗を把握して下請け業者を手配するだけで忙しいため、品質管理が甘くなる傾向が強いのです。建て売り住宅の感覚でない場合でも散見されますが。

 瑕疵保険制度などで来る建築会社がいうところの第三検査機関は、実際には細かな品質の検査などしていないうえ、その検査機関にとっては建築会社がお客様であるという関係もあり、施主の立場にたった検査を期待するのは少し無理があります。

 そのため、建物の施工品質、安全性を求めるうえで重要な役割を果たすのが、施主が自ら依頼する本当の第三者による住宅検査(建築中の検査)です。依頼する検査内容・検査回数などによって費用は異なりますが、数十万円の投資をすることで長く住む建物の品質をチェックすることができます。

◆完成後の施主検査(竣工検査)が重要

 「建築条件付土地を購入後の杜撰な工事監理と第三者の住宅検査」のところでもお伝えしましたが、建物の工事品質を建築会社に全て任せていては後悔することになることもあるため、施主側で対応を検討しておく必要があります。

 その1つが着工から完成までの建築中の第三者検査ですが、建物が完成してから行う施主検査(竣工検査や内覧会ともいう)に第三者の専門家を同行する方法もあります。

 施主検査(竣工検査)とは、施主が完成した建物の施工品質のチェックや図面との相違がないかのチェックを行うものですが、建築に関する専門知識や経験を必要とするため、施主自身で対応するには難しいものがあります。

 そのために広く利用されるようになったのが、内覧会立会い・同行サービスですので、引渡し前にその利用を検討されると良いでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事